すそワキガとは

すそワキガとは、陰部からのニオイを指し、外陰部臭症と呼ばれているものです。通称、すそワキガと呼ばれていて、原因はわきがと同じです。外陰部にあるアポクリン汗腺から出る汗がニオイの原因になります。わきがと同じようなニオイを放つことから、女性にとって大きな悩みになります。アポクリン汗に含まれる脂肪や尿素、アンモニアなどの成分が皮脂腺から分泌される脂肪酸と混合することで、ニオイが発生します。すそワキガの臭いのもとになるのは、ワキガと同じアポクリン汗腺から出る汗で、汗が皮脂腺から分泌される脂肪酸と混じり合い、常在菌などの細菌が分解することで臭いを発生します。尿のアルコール成分や陰部の蒸れにより、強烈な臭いとなって現れます。アポクリン汗腺は、ワキ、陰部、乳首周り、へそ周辺にあるので、ワキガ臭は色んなところから発生します。すそワキガは、脇のワキガと同じ臭いがするのが一般的なのですが、陰部は蒸れたり臭いがこもったりすることが多く、女性の場合、生理やおりものの臭いが重なることもあるので、脇のワキガとは違った臭いがする場合もあります。

エクリン腺とアポクリン腺とは

エクリン腺とアポクリン腺とは、汗腺の種類であり、汗腺には2種類あります。エクリン腺というのは、ほぼ全身の肌に存在している汗腺のことで、頭、顔、背中などに多く存在しています。汗のほとんどは、エクリン腺から出ていて、肌表面の汗孔から排出されます。99%が水からできていて、水分以外の成分は塩分が大半を占めています。99%が水分なので、においはほとんどありません。一方、アポクリン腺というのは、脇の下、耳、乳輪や陰部に存在する汗腺で、毛穴から排出される汗になります。70%~80%の水分とタンパク質、脂質、アンモニアなどで構成されていて、ワキガ臭は、アポクリン腺から出るものです。エクリン腺は、1平方センチに100個以上ある小さな汗腺で、体温調節の役割があります。アポクリン腺は、白っぽくて粘り気があるのが特徴で、常在菌により分解されることで、ワキガ独特のにおいを発生します。エクリン腺とアポクリン腺から出る汗は、同じ汗でありながら、かなり性質が違います。ワキガ対策をする上で無視できないのがアポクリン腺です。においのレベルに応じて、しっかりアプローチしていく必要があります。

ワキガの臭いを取り除く洗濯方法

ワキガの臭いを取り除く洗濯方法は、どうすればいいのでしょう。クリーニング店にお願いしてもワキガの臭いは中々落ちません。ドライクリーニングでは、ワキガの臭いを取り除くことはできません。実は、家庭でできるワキガの臭いの取り方があります。ワキガの臭いは、水洗いである程度取り除くことができます。ワキガの臭いを取り除くには、家庭でのつけ込み洗いと同じ方法でよいのですが、効果的に臭いを取り除きたいなら、液体酸素系漂白剤で全体漂白することです。この方法でも取れないワキガの臭いには、スプレー漂白をするとよいです。全体漂白で取り除けないワキガの臭いには、まず全体漂白方法で衣類を洗い、水洗いで取れる臭いをできるだけ取り除くようにします。この方法で取れないワキガの臭いには、スプレー漂白をするとよく。スプレー漂白液を衣類が濡れている状態で、臭いがある部分にスプレーします。そしてそのまま放置させて自然乾燥させます。スプレー後、衣類の状態を確認しながら、状況によってこの処理を2~3回くりかえすとよく、ワキガの臭いが取れれば軽くすすいで、自然乾燥させます。

ワキガの臭いはうつるの?

ワキガの臭いはうつるのでしょうか。ワキガのような強烈な臭いがうつるとすれば、やっかいです。しかし、ワキガの臭いはうつることはありません。ワキガの家族と一緒に生活しているとしても、ワキガはうつったりしません。ワキガになるのは体質です。臭いの菌そのものに触れてうつることはなく、その原因は体質の遺伝です。ワキガになるのは、アポクリン腺が関係していて、アポクリン腺の量が遺伝することで、量が多い場合、臭いが出やすくなります。アポクリン腺は誰もが体に持つものなのですが、アポクリン腺の量が多い人が、ワキガになります。アポクリン腺の量が少ない人は、ワキガになることはないのです。ワキガはうつりませんが、ワキガの人の服などを借りると、ワキの臭いが気になったりします。しかしこれは、一時的に臭いがついてしまったに過ぎません。接触することで臭いのみが間接的にうつる可能性はありますが、臭いのもととなる菌を洗い流してしまえば、臭いは消えます。もともとワキガ体質だった人が、段々とワキガになる場合はありますが、そうしたケースは少ないです。

ワキガの臭いを予防する身体の洗い方

ワキガの臭いを予防する身体の洗い方で大事なことは、体をゴシゴシ洗わないことです。そうすると余計に汗臭いニオイの原因を作ることになります。

ワキガの臭いを落としたいと思うと、体をゴシゴシと洗いがちです。しかし、強い力で洗うと、ワキガの臭いを強くすることになります。ゴシゴシ洗いは、不快なニオイをだす常在菌が増えるので注意が必要です。

強い力で肌をこすると常在菌を落とし過ぎることになり、嫌なにおいを出さない表皮ブドウ球菌まで消滅します。そうなると、不快なニオイを出す黄色ブドウ球菌や真菌が、体の表面に残ったアルカリ性の石鹸の洗い残しなどを餌に増えていきます。

ワキガの臭いを予防する身体の洗い方は、優しく洗って、しっかり流すことです。体を泡で洗うのが基本で、タオルを使う場合は、柔らかいものを使うようにします。木綿などの天然素材が良いでしょう。

腋の下は、石鹸をしっかり泡立てて、数分置いてからシャワーで流すようにします。強く擦って刺激を与えると皮脂が大量に分泌します。皮脂は、ワキガの臭いを強める元になるので、刺激を与えず優しく洗うようにすることが大事です。

鼻の下の汗を抑えるなら
顔汗専用の制汗クリームサラフェがおすすめです。

多汗症とわきがの違い

多汗症とわきがの違いは、端的に言うと、わきがには臭いがあるということです。

独特の臭気がわきがの最大の特徴で、わきが臭は汗が出ていても出ていなくても発生します。

わきがの臭いは、普通の汗とは違い、独特のものがあります。普通の汗の場合、いくら常在菌がいたとしてもわきが臭にはなりません。わきが臭は、アポクリン腺という特殊な汗腺から派生するのですが、生まれ持った体質の人だけにしか現れません。汗をかくと、わきがの人は、さらに臭いを強く感じることになり、その独特の臭いに悩まされます。

多汗症には、わきがのような臭いはなく、汗の量がポイントになります。異常な量の汗が出るのを多汗症と呼んでいて、臭いとは関係ありません。汗の量が異常にでる人が多汗症であり、単なる汗っかきではありません。

汗の量がとにかく異常で、びしょびしょになったり、暑くもないのに大量の汗が出てきます。ストレスがかかった時や、緊張したときなどに大量の汗をかくのが多汗症の特徴です。

わきがと多汗症の見分け方は簡単で、汗が異常に沢山でていれば多汗症であり、臭いがきつければわきがということになります。

ワキガかなと思ったら
よく効くと評判のノアンデでケア
ノアンデを詳しく紹介しているサイトです。
http://www.whooz.org/

わきがの臭いを抑えるオススメのクリーム

わきがの臭いを抑えるオススメのクリームは、クリアネオです。わきがの臭いを抑えることに特化したデオドラントクリームなので、効果てきめんです。雑菌の増殖を抑えるイソプロピルメチルフェノールと制汗作用のあるパラフェノールスルホン酸が配合されていて、他にも亜鉛や柿渋エキスなどが配合されています。

クリアネオは、非常に高い消臭力があり、何回も塗らなくても効果が続きます。ドラッグストアなどで売っている商品よりも臭いの持続効果は高く、1日一回塗ればよく、何度も塗りなおす必要がありません。

白くなることがなく、低刺激で痒くならないので、わきがクリームとしてイチオシの商品です。クリアネオは、ダブルの有効成分により、ニオイの元にしっかりアプローチしていきます。

即効性があり、朝塗ると1日塗り直ししなくても大丈夫です。そして使っていくうちにニオイが少しずつ軽減されていきます。

ノアンデもワキガの臭いを抑えるオススメのクリームで人気があります。肌への優しさにこだわって天然成分で作られているので、敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使用することができます。

効く評判のわきがクリーム
徹底的検証
http://www.biyoucollection.com/