キャッシングの過払い請求が行える条件とは

過払い金は、以前キャッシングを利用していた人が、払っていたかもしれないお金です。多すぎる利息を支払っていた場合は、過払い金となっていることがあります。超過金利分の利息を支払っていたなら、条件が合致すれば過払い金の返済ができることがあります。過払い金請求は10年以内という制約がありますので、時間が経ちすぎると効果はありません。最終返済日から数えて10年以内であれば、過払い金の請求を行うことができます。そのため、今でもこの金融会社のキャッシングを使い続けているなら、時効にはなっていないので、請求ができるわけです。随分昔にキャッシングを利用したという人でも、完済した日から10年経過していなければ過払いは適用されます。最後の返済日から10年がたっていないキャッシングなら、借り入れをした日が10年以上前の話でも、全ての過払い金に対して請求できます。請求をするための時効を迎えていなければ、対象期間はどこまでもさかのぼることができます。過払い金請求は、全額返済が終わった後に改めて利息額を計算し直すものであり、返済中のキャッシングでは行われません。借りたお金を一度全部返してしまってから、超過した分の返済金を戻してもらえるように頼めるわけです。返済が続いてるキャッシングの過払い請求については、完済後にするというシステムになります。