冬にワキガ臭がきつくなる原因

冬にワキガ臭がきつくなる原因は、汗腺の働きによるものです。冬は、夏と比べて汗腺の働きが低下するので、ワキガ臭は治まるような気がします。しかし、汗腺の働きが低下して汗の量が減ると、皮膚の自浄作用も低下してしまいます。冬にワキガ臭がきつくなるのは、自浄作用が低下することで、老廃物が溜まるからです。冬は、空気も乾燥していて、あまり水分を摂らないので脱水症状になりがちで、汗の量も減ります。そうすると毛穴から、老廃物が排除されにくくなり、結果として、アポクリン腺から分泌される汗の比率が高くなってしまうのです。これこそが、冬にワキガ臭がきつくなる最大の原因と言えます。冬場は、厚着をしてしまうので、それがムレにつながり、最近の繁殖を促します。セーターを脱いだ瞬間、蒸れたようなワキガの臭いがするのは、このためです。冬ワキガの対策としては、汗腺の働きを活発にするのがよいので、サウナや温泉がおすすめです。汗をかく習慣をつけることで、エクリン腺の働きが良くなります。冬の夜は、お風呂でしっかり暖まることが大事です。

靴を脱ぐのが怖い!足臭の原因と対策

足臭がひどいと靴を脱ぐのが怖くなります。靴を脱いだ時に、足の臭いが気になった経験は誰にでもあるでしょう。足が臭うのを周りの人に気付かれたらと思うと、行動範囲が狭くなってしまいます。足の臭いの原因は何なのかというと、それは汗そのものではありません。汗をかいてムレることで臭いはきつくなります。足臭の原因は、汗ではなく、体から出たばかりの汗は、ほとんど臭いがありません。汗が臭くなる時に関係するのが細菌で、汗をかくと、皮脂や角質などをエサにして細菌が増殖することになります。その過程において、足臭が発生することになるのです。汗の量が多い人は、細菌のエサも増えることになるので、その分、臭いも強くなります。足臭の原因は、細菌の働きによるもので、汗と皮脂、角質と細菌が混ざることで臭いが発生するのです。足臭の対策としては、湯船や足湯などで、足を湿らせて汚れを浮かせると良いです。また、入浴時、殺菌作用のある石鹸などで、足指の間を丁寧に洗うことです。そして泡や石鹸の成分をしっかり流し、清潔なタオルで指の間までしっかりと拭くと良いです。そして靴は、内側が汗を吸う素材の物を選び、何足かを交替で履くようにします。

すそワキガとは

すそワキガとは、陰部からのニオイを指し、外陰部臭症と呼ばれているものです。通称、すそワキガと呼ばれていて、原因はわきがと同じです。外陰部にあるアポクリン汗腺から出る汗がニオイの原因になります。わきがと同じようなニオイを放つことから、女性にとって大きな悩みになります。アポクリン汗に含まれる脂肪や尿素、アンモニアなどの成分が皮脂腺から分泌される脂肪酸と混合することで、ニオイが発生します。すそワキガの臭いのもとになるのは、ワキガと同じアポクリン汗腺から出る汗で、汗が皮脂腺から分泌される脂肪酸と混じり合い、常在菌などの細菌が分解することで臭いを発生します。尿のアルコール成分や陰部の蒸れにより、強烈な臭いとなって現れます。アポクリン汗腺は、ワキ、陰部、乳首周り、へそ周辺にあるので、ワキガ臭は色んなところから発生します。すそワキガは、脇のワキガと同じ臭いがするのが一般的なのですが、陰部は蒸れたり臭いがこもったりすることが多く、女性の場合、生理やおりものの臭いが重なることもあるので、脇のワキガとは違った臭いがする場合もあります。

エクリン腺とアポクリン腺とは

エクリン腺とアポクリン腺とは、汗腺の種類であり、汗腺には2種類あります。エクリン腺というのは、ほぼ全身の肌に存在している汗腺のことで、頭、顔、背中などに多く存在しています。汗のほとんどは、エクリン腺から出ていて、肌表面の汗孔から排出されます。99%が水からできていて、水分以外の成分は塩分が大半を占めています。99%が水分なので、においはほとんどありません。一方、アポクリン腺というのは、脇の下、耳、乳輪や陰部に存在する汗腺で、毛穴から排出される汗になります。70%~80%の水分とタンパク質、脂質、アンモニアなどで構成されていて、ワキガ臭は、アポクリン腺から出るものです。エクリン腺は、1平方センチに100個以上ある小さな汗腺で、体温調節の役割があります。アポクリン腺は、白っぽくて粘り気があるのが特徴で、常在菌により分解されることで、ワキガ独特のにおいを発生します。エクリン腺とアポクリン腺から出る汗は、同じ汗でありながら、かなり性質が違います。ワキガ対策をする上で無視できないのがアポクリン腺です。においのレベルに応じて、しっかりアプローチしていく必要があります。

ワキガの臭いを取り除く洗濯方法

ワキガの臭いを取り除く洗濯方法は、どうすればいいのでしょう。クリーニング店にお願いしてもワキガの臭いは中々落ちません。ドライクリーニングでは、ワキガの臭いを取り除くことはできません。実は、家庭でできるワキガの臭いの取り方があります。ワキガの臭いは、水洗いである程度取り除くことができます。ワキガの臭いを取り除くには、家庭でのつけ込み洗いと同じ方法でよいのですが、効果的に臭いを取り除きたいなら、液体酸素系漂白剤で全体漂白することです。この方法でも取れないワキガの臭いには、スプレー漂白をするとよいです。全体漂白で取り除けないワキガの臭いには、まず全体漂白方法で衣類を洗い、水洗いで取れる臭いをできるだけ取り除くようにします。この方法で取れないワキガの臭いには、スプレー漂白をするとよく。スプレー漂白液を衣類が濡れている状態で、臭いがある部分にスプレーします。そしてそのまま放置させて自然乾燥させます。スプレー後、衣類の状態を確認しながら、状況によってこの処理を2~3回くりかえすとよく、ワキガの臭いが取れれば軽くすすいで、自然乾燥させます。

ワキガの臭いはうつるの?

ワキガの臭いはうつるのでしょうか。ワキガのような強烈な臭いがうつるとすれば、やっかいです。しかし、ワキガの臭いはうつることはありません。ワキガの家族と一緒に生活しているとしても、ワキガはうつったりしません。ワキガになるのは体質です。臭いの菌そのものに触れてうつることはなく、その原因は体質の遺伝です。ワキガになるのは、アポクリン腺が関係していて、アポクリン腺の量が遺伝することで、量が多い場合、臭いが出やすくなります。アポクリン腺は誰もが体に持つものなのですが、アポクリン腺の量が多い人が、ワキガになります。アポクリン腺の量が少ない人は、ワキガになることはないのです。ワキガはうつりませんが、ワキガの人の服などを借りると、ワキの臭いが気になったりします。しかしこれは、一時的に臭いがついてしまったに過ぎません。接触することで臭いのみが間接的にうつる可能性はありますが、臭いのもととなる菌を洗い流してしまえば、臭いは消えます。もともとワキガ体質だった人が、段々とワキガになる場合はありますが、そうしたケースは少ないです。