ワキガの臭いを予防する身体の洗い方

ワキガの臭いを予防する身体の洗い方で大事なことは、体をゴシゴシ洗わないことです。そうすると余計に汗臭いニオイの原因を作ることになります。

ワキガの臭いを落としたいと思うと、体をゴシゴシと洗いがちです。しかし、強い力で洗うと、ワキガの臭いを強くすることになります。ゴシゴシ洗いは、不快なニオイをだす常在菌が増えるので注意が必要です。

強い力で肌をこすると常在菌を落とし過ぎることになり、嫌なにおいを出さない表皮ブドウ球菌まで消滅します。そうなると、不快なニオイを出す黄色ブドウ球菌や真菌が、体の表面に残ったアルカリ性の石鹸の洗い残しなどを餌に増えていきます。

ワキガの臭いを予防する身体の洗い方は、優しく洗って、しっかり流すことです。体を泡で洗うのが基本で、タオルを使う場合は、柔らかいものを使うようにします。木綿などの天然素材が良いでしょう。

腋の下は、石鹸をしっかり泡立てて、数分置いてからシャワーで流すようにします。強く擦って刺激を与えると皮脂が大量に分泌します。皮脂は、ワキガの臭いを強める元になるので、刺激を与えず優しく洗うようにすることが大事です。

鼻の下の汗を抑えるなら
顔汗専用の制汗クリームサラフェがおすすめです。