靴を脱ぐのが怖い!足臭の原因と対策

足臭がひどいと靴を脱ぐのが怖くなります。靴を脱いだ時に、足の臭いが気になった経験は誰にでもあるでしょう。足が臭うのを周りの人に気付かれたらと思うと、行動範囲が狭くなってしまいます。足の臭いの原因は何なのかというと、それは汗そのものではありません。汗をかいてムレることで臭いはきつくなります。足臭の原因は、汗ではなく、体から出たばかりの汗は、ほとんど臭いがありません。汗が臭くなる時に関係するのが細菌で、汗をかくと、皮脂や角質などをエサにして細菌が増殖することになります。その過程において、足臭が発生することになるのです。汗の量が多い人は、細菌のエサも増えることになるので、その分、臭いも強くなります。足臭の原因は、細菌の働きによるもので、汗と皮脂、角質と細菌が混ざることで臭いが発生するのです。足臭の対策としては、湯船や足湯などで、足を湿らせて汚れを浮かせると良いです。また、入浴時、殺菌作用のある石鹸などで、足指の間を丁寧に洗うことです。そして泡や石鹸の成分をしっかり流し、清潔なタオルで指の間までしっかりと拭くと良いです。そして靴は、内側が汗を吸う素材の物を選び、何足かを交替で履くようにします。