多汗症とわきがの違い

多汗症とわきがの違いは、端的に言うと、わきがには臭いがあるということです。

独特の臭気がわきがの最大の特徴で、わきが臭は汗が出ていても出ていなくても発生します。

わきがの臭いは、普通の汗とは違い、独特のものがあります。普通の汗の場合、いくら常在菌がいたとしてもわきが臭にはなりません。わきが臭は、アポクリン腺という特殊な汗腺から派生するのですが、生まれ持った体質の人だけにしか現れません。汗をかくと、わきがの人は、さらに臭いを強く感じることになり、その独特の臭いに悩まされます。

多汗症には、わきがのような臭いはなく、汗の量がポイントになります。異常な量の汗が出るのを多汗症と呼んでいて、臭いとは関係ありません。汗の量が異常にでる人が多汗症であり、単なる汗っかきではありません。

汗の量がとにかく異常で、びしょびしょになったり、暑くもないのに大量の汗が出てきます。ストレスがかかった時や、緊張したときなどに大量の汗をかくのが多汗症の特徴です。

わきがと多汗症の見分け方は簡単で、汗が異常に沢山でていれば多汗症であり、臭いがきつければわきがということになります。