冬にワキガ臭がきつくなる原因

冬にワキガ臭がきつくなる原因は、汗腺の働きによるものです。冬は、夏と比べて汗腺の働きが低下するので、ワキガ臭は治まるような気がします。しかし、汗腺の働きが低下して汗の量が減ると、皮膚の自浄作用も低下してしまいます。冬にワキガ臭がきつくなるのは、自浄作用が低下することで、老廃物が溜まるからです。冬は、空気も乾燥していて、あまり水分を摂らないので脱水症状になりがちで、汗の量も減ります。そうすると毛穴から、老廃物が排除されにくくなり、結果として、アポクリン腺から分泌される汗の比率が高くなってしまうのです。これこそが、冬にワキガ臭がきつくなる最大の原因と言えます。冬場は、厚着をしてしまうので、それがムレにつながり、最近の繁殖を促します。セーターを脱いだ瞬間、蒸れたようなワキガの臭いがするのは、このためです。冬ワキガの対策としては、汗腺の働きを活発にするのがよいので、サウナや温泉がおすすめです。汗をかく習慣をつけることで、エクリン腺の働きが良くなります。冬の夜は、お風呂でしっかり暖まることが大事です。