エクリン腺とアポクリン腺とは

エクリン腺とアポクリン腺とは、汗腺の種類であり、汗腺には2種類あります。エクリン腺というのは、ほぼ全身の肌に存在している汗腺のことで、頭、顔、背中などに多く存在しています。汗のほとんどは、エクリン腺から出ていて、肌表面の汗孔から排出されます。99%が水からできていて、水分以外の成分は塩分が大半を占めています。99%が水分なので、においはほとんどありません。一方、アポクリン腺というのは、脇の下、耳、乳輪や陰部に存在する汗腺で、毛穴から排出される汗になります。70%~80%の水分とタンパク質、脂質、アンモニアなどで構成されていて、ワキガ臭は、アポクリン腺から出るものです。エクリン腺は、1平方センチに100個以上ある小さな汗腺で、体温調節の役割があります。アポクリン腺は、白っぽくて粘り気があるのが特徴で、常在菌により分解されることで、ワキガ独特のにおいを発生します。エクリン腺とアポクリン腺から出る汗は、同じ汗でありながら、かなり性質が違います。ワキガ対策をする上で無視できないのがアポクリン腺です。においのレベルに応じて、しっかりアプローチしていく必要があります。