すそワキガとは

すそワキガとは、陰部からのニオイを指し、外陰部臭症と呼ばれているものです。通称、すそワキガと呼ばれていて、原因はわきがと同じです。外陰部にあるアポクリン汗腺から出る汗がニオイの原因になります。わきがと同じようなニオイを放つことから、女性にとって大きな悩みになります。アポクリン汗に含まれる脂肪や尿素、アンモニアなどの成分が皮脂腺から分泌される脂肪酸と混合することで、ニオイが発生します。すそワキガの臭いのもとになるのは、ワキガと同じアポクリン汗腺から出る汗で、汗が皮脂腺から分泌される脂肪酸と混じり合い、常在菌などの細菌が分解することで臭いを発生します。尿のアルコール成分や陰部の蒸れにより、強烈な臭いとなって現れます。アポクリン汗腺は、ワキ、陰部、乳首周り、へそ周辺にあるので、ワキガ臭は色んなところから発生します。すそワキガは、脇のワキガと同じ臭いがするのが一般的なのですが、陰部は蒸れたり臭いがこもったりすることが多く、女性の場合、生理やおりものの臭いが重なることもあるので、脇のワキガとは違った臭いがする場合もあります。